FEEL ALOHA

ハワイのリゾートセレブなファッション5つのポイント【メンズ編】

ハワイのリゾートセレブなファッション

多くの男性は“セレブ風リゾートファッション”と聞くと、イメージがわかないのではないでしょうか? ところが、セレブなコーディネートは思っている以上にカンタン。定番やトレンドのアイテムをうまく身につけてオシャレをすれば、ハワイ旅行がさらに楽しくなること間違いなし。

今回は、TPOに合わせてリゾートファッションのアドバイスをいたします! 定番アイテム、着こなし方、トレンド、シーンに合わせたスタイルまでを幅広く紹介します。おしゃれな着こなし術をマスターしてSNSでシェアしたり、帰国後も使えるアイテムを手に入れたり。旅行の準備や自分用や友達や同僚、家族のおみやげも含めてハワイ旅行を満喫しましょう。

押さえておきたい! 定番アイテム

ハワイといってもアロハシャツだけじゃない!

ハワイというとアロハシャツを想像する人も多いはず。ハワイではアロハシャツが正装のスタイルで定番ですが、トップスにはTシャツやポロシャツ、気候に合わせて上着を羽織る、ボトムスにはハーフパンツ以外にもデニム、また小物をうまく使うことでもセレブ風に着こなすことができます。せっかくの旅行は、ハワイの定番アイテムも使いこなして楽しみましょう。

アロハシャツだけじゃない

出典:http://waiiha-journal.com/aloha-shirts

シーンに合わせたトップス・パンツ・シューズ

ハワイでも日本と同様にTPOに合わせた着こなしがあります。高級感のあるレストランはTシャツ、膝が出るショート丈のパンツ、ビーチサンダルでは入店できません。彼女とクラブで遊ぼうと思っても、ハイヒールを履いてないとドレスコードに引っかかるなんてことも。楽しく過ごすためにも、シーンに合わせた着こなしを覚えておくと良いでしょう。
いまは分からなくても問題ありません! 後述の3でさらに掘り下げてご紹介します。

トップス・パンツ・シューズ

出典:https://sakidori.co/article/117547

セレブに学ぶ“リゾートコーデ”術

写真(右)は人気バンド「マルーン5」のボーカル、アダム・レヴィーン。スーパーモデルの妻、ベハティ・プリンスルーとオフの姿をハワイのビーチでキャッチした1枚です。オシャレな夫婦としても知られる2人ですが、アダムはシンプルなTシャツと味のあるダメージデニムのスタイルで、個性を感じさせる着こなしです。

リゾートコーデ

出典:http://www.jinclude.com/gossip/16078.html

“ワンランク上のコーデ”にもチャレンジ!

オフとオン、コーデの使い分け

せっかくハワイに行くのだから現地ではオフとオン、それぞれのスタイルを楽しみましょう。もちろん、アイテムは現地で調達しても、日本から持っていってもOKです。
ホテル内やショッピングタイムなどオフに好きなものを着ていいのは、いうまでもないこと。では、かしこまった場所にふさわしいファッションなのかをおさえておきましょう。
ハワイ旅行では多様なシーンを考えて、襟のあるシャツ、くるぶしまで隠れるパンツ、革靴も1セットあったほうが、より楽しめるスポットが増えることは間違いなしです。ホテルでリラックスモードといっても、敷地内のレストランはラフな格好だと入れないことやランチとディナーでルールが異なることもあるので、事前に確認しておきましょう。

出典:https://alohasmile-hawaii.com/useful/weather/7547/

ハイブランドもチェックせよ

オンライン購入を除くと、イベントやハワイでしか買えない人気ブランド「Lilly & Emma」や「88 tees」、彼女と一緒に行くのならば「Angels by the sea」などのハワイならではのオリジナルブランドもいいけど、気になるのがハイブランド。日本で買うよりも価格が安かったり、せっかくハワイまできたのだから自分用のおみやげを少し奮発したい気持ちがあったり。ワイキキには「GUCCI」、「BOTTEGA VENETA」、「COACH」、「ARMANI Exchange」、「Vivienne Westwood」、「Cole Haan」などたくさんのハイブランドが揃っており、アメリカ生まれのブランドは特に安くなるといわれています。DFSにも、日本で買うより安くなったハイブランドがずらり! ハワイ限定のカラーやモデル、ただでさえ安い商品をさらにお得に手にいれることができるセール品も要チェックです。

ハイブランドもチェック

出典:https://www.lanilanihawaii.com/shopping/highbrand-mustbuy.html#bottega_veneta

セレブを演出できるアイテム

たまのリゾート旅行なのだから、気取った着こなしにもチャレンジしてみましょう。前述のハイブランドのサングラスやクラッチバッグといった小物もおすすめですが、比較的お手軽に手に入るのがアクセサリー。ハワイアンジュエリーがラグジュアリーな雰囲気を醸し出します。日ごろアクセサリーをしなくてもネックレスやリングは試着をしてみてください。ピアスも男性に似合うものが多数あります。アクセサリーはオーダーメイドや記念日の刻印などもできるので、旅行の記念におそろいで購入するスターも多いとか。芸能人も多数訪れるという「No.8ジュエリー」やワイキキメインのカラカウア通り沿いにショップを構える「Lono God Of Peace」、繊細なハンドメイドのカスタムネームジュエリーを扱う「Manoa Love Design」などが有名です。日本語で接客してもらえるショップが多く、ハワイから日本へ郵送ができるお店が大半なので、ぜひ覗いてみてください♪

セレブを演出できるアイテム

出典:http://store.lono.jp/?pid=61218959

シーンに合わせた着こなし

ワイキキを遊びつくそう

グルメ、ショッピング、ビーチ、グリーンスポット、スパ、など魅力にあふれるワイキキ。せっかく来たのだから、たくさんのスポットを満喫しましょう! それぞれ、何を着ていくかは個人の自由とはいえ、前述したようにオンとオフ、それぞれのコーディネートアイテムがあると便利です。

雨季を含めた一年中、動きやすいTシャツとハーフパンツ、足元はビーチサンダルの身軽な格好で歩けるのがハワイのいいところ。ワイキキにはかしこまったレストランもあるので、襟のあるシャツ、くるぶしが隠れる清潔感のあるパンツ、革靴といったアイテムも用意しましょう。ショッピングを楽しみがてら、現地で調達するのも旅行の楽しみにするのもおすすめ。ハワイで購入するとして、帰国してからも使えるアイテムばかりです。

クラブで夜遊びをする場合は、せっかく襟のついたシャツを着ていっても足元がビーチサンダルだと入場NGになることもあります。一度ホテルに帰って着替える必要があることなども含めて、HPなどでしっかり確認してから出かけましょう。

ワイキキを遊びつくそう

出典:https://www.lanilanihawaii.com/shopping/sports-casual.html

ホテル内のファッションも知っておこう

ハワイでホテルの宿泊受付は正装でするべき?と疑問を持ったかもしれませんが、何も気にせずにTシャツ、ハーフパンツ、ビーチサンダルで全く問題ありません。ハワイのホテルはビーチに隣接していることが多く、ホテル内を水着で歩くことも日常風景です。ホテル内のショッピングをするときに濡れた水着のままでは困りますが、特別な規定はなく軽蔑視されることもないので安心してくださいね。

日本国内のホテルでは浴衣が用意されているように、ハワイのラグジュアリーなホテルのバスルームにはバスローブ、ベッドの脇にはサンダルが置かれていることがあります。バスローブやサンダルを使用するかどうかは自由ですし、備え付けのものを使用したからといって、余計なチップが取られることもありません。ゆっくりするホテルだからこそ、自分の好きな格好やハワイで手に入れたTシャツを着てリラックスしてください。

ホテル内のファッションも知っておこう

出典:http://celebsnap.net/anne-hathaway/93567.html

ちょっと背伸びをしたショップやレストランへ行こう

ハワイには多数のハイグレードなレストランが揃っています。日本より割高だからといって躊躇しないで、グルメも満喫してみましょう。ただ、注意すべき点として知っておきたいのが、高級感のあるレストランはラフな格好だと入店をお断りされてしまうことです。高級志向のレストランには、襟のあるシャツとパンツ、革靴で行くのがベストです。ハワイでは、シャツをパンツに入れなくても正装と認められることもありますが、シャツは長袖でないとNG、上着を羽織らないといけないといったドレスコードがあるお店もあります。ハワイでは高級なフレンチ、イタリアン、アジアン、和食など、あらゆる料理を堪能することができます。予約が必要なお店もあるので、お店に問い合わせてみましょう。

ちょっと背伸びをしたショップやレストランへ

出典:https://ameblo.jp/runa-sato/entry-11584246370.html

セレブは足元まで気を配る

「ビーチサンダル」にもピンキリがある

ハワイ旅行中、足元はビーチサンダルで過ごそうと思っている人が多いはず。涼しくてラクチンだし、ビーチに行くときはサッと洗うこともできて便利です。そんなビーチサンダルも、こだわった1足を手に入れてみませんか? 日本の夏はDCブランドのショップでサンダルが並ぶように、ハワイの多数のショップでもビーチサンダルを取り扱っています。ショッピングセンターには「フリップ・フロップ・ショップス」、「ポピッツ・ハワイ」、「アイランドスリッパー」などのサンダル専門店が入っていることも珍しくありません。専門店でなくても、ビーチサンダルは多数のショップで販売しています。ハワイで買うとなると、お手頃な数百円から5万円を超えるハイブランドのビーチサンダルまでが揃います。

ビーチなど汚れても良い海水浴には安価なもの、オシャレをしたいショッピングにはこだわったビーチサンダル、などと使い分けてもいいですね。トップスがラフなTシャツでも足元のビーチサンダルにさりげなくブランドロゴが入っていたり、カラーやデザインに特徴があったり、アクセントになるだけでコーディネートが一気に映えます。

注意したいのはビーチサンダルで、足が擦れてしまうこと。足元のオシャレとケアに気を配り、足が痛くてショッピングやアクティビティを楽しめない、海水がしみるなどといったことがないようにしましょう。

「ビーチサンダル」にもピンキリ

出典:http://blog.livedoor.jp/tsurumatsu-mens/archives/8749173.html

観光地を知ってTPOで使い分け!

日本ならある程度のルールはわかるもの。だけど、外国では常識が非常識になることもあります。ハワイに行く際にも現地のことを知っておけば、言葉が通じなくても恥をかくことはほぼないと思います。アロハシャツは正装とされていて裾をパンツにinしなくていいこと、ラフなコーデでは入れてもらえないショップがあることなどは前述の通りです。その際に、足元までドレスコードの対象になることも忘れてはいけません。せっかくシャツとパンツを着ていてもビーチサンダルだと全てが台無しです。ハワイ旅行に行くときの荷作りや買い物リストも自然と決まってくると思うので、ハワイでもTPOにあわせてコーディネートを工夫しながら、楽しんでみてください。

TPOで使い分け

出典:http://www.shanari.com/zatugaku/zatugaku025.html

着心地のよさを感じる素材や現地のデザイン

「ただデザインがいいだけで着心地がイマイチ」というのは、避けたいところ。気持ちよく着こなして、快適な旅行にしたいのは誰でも一緒なはずです。カラカウア通り沿いの「Laule’a」内のショップインショップ「Lilly & Emma」は撥水性の高いTシャツを販売している。「FEEL ALOHA」のロゴがカッコよく、メンズとレディスの取り扱いがあるので、彼女との双子コーデも可能です。あまりにもベタなペアルックは流行遅れの気がする上、恥ずかしくなってしまいますが、Tシャツや足元をさりげなくお揃いにしていると周りからも微笑ましく映るでしょうし、SNSでもウケがいいはずです。

素材や現地のデザイン
http://lilly-and-emma.com/?pid=124946543

人気&定番アイテムが買える! オススメショップ

お手頃ショップからブランドショップまでがずらり

ハワイのショッピング事情が充実していることは、行ったことがない人でも知っていること。日本とは違う非日常のなか、帰国後も使えるアイテムの数々が揃っています。近頃はファストファッションまでがハワイに進出し、ローカルからも大人気。そんな数あるショップのなかでもカジュアルな着こなしを楽しめてロコのファンも多い「Abercrombie & Fitch」や「Hollister」、「AMERICAN EAGLE」はマストで行きたいショップ。体型や身長に左右されず、万人ウケすること間違いなしです。

また、さまざまなジャンルに特化したショップも多く、ウエスタンスタイルの「PANIOLO TRADING」、ミリタリーアイテムが揃う「RANGER SPORTS」、日本未発売のアイテムを取り扱う「NALU HAWAIIAN SPIRIT」なども見逃せないショップです。他にもココに書ききれないほど、メンズアイテムも取り扱うショップが目白押し。このサイトのほかのページものぞいて、ぜひチェックしてみてください。

 お手頃ショップからブランドショップまで

出典:http://naluhawaii.us/

セレクトショップ

一度にたくさんの洋服を見たいという欲張りな人におすすめなのが、セレクトショップ。日本でも数々のセレクトショップが名を馳せているように、ハワイでも人気のお店がいくつもあります。センス◎のオーナーたちが買い付けたアイテムを販売しているとあって、どれもこれも欲しくなってしまいます。LAのブランドを中心にセレクトした「turquoise」、同じくLAでもカジュアルなアイテムが多い「Pineapple County」、インテリアやアクセサリーなどの小物も揃う「Martin & MacArthur」なども注目です。これらのお店は小物も取り扱っています。せっかくなので、小物までこだわってコーディネートをしてみては。

セレクトショップ

出典:https://www.turquoise-shop.jp/collections/mens-tops

インターネットでのショッピング

いま便利なのがパソコンやスマートフォンからもショッピングができること。各ブランドの公式HPには、オンラインのページが設けられていることが大半です。なかなかショップに足を運ぶことができなくても、クリックひとつで商品を手にいれることができます。わざわざショップまで行く必要がなく、商品の詳細も記されているのも常識となっています。クレジットカードさえ持っていれば、指定の住所まで届けてくれます。しかも、翌日には届いてしまうこともあります。もちろん、どこもセキュリティ面はしっかり管理され、個人情報の漏洩の心配も要りません。深夜でも楽しくショッピングができるのは、忙しいひとにも好都合ですよね。モデルがかっこよく着こなしている写真も見られることが多く、コーディネートの参考にもなります。店頭でショップ店員に話しかけられるのが苦手な人にも好都合。
プライスオフになっていたり、ポイントが貯まったりと、webショッピングならではのメリットが設けられていることもあるので、好きなブランドの公式HPやショッピングサイトは、適宜チェックしてみましょう。

リョージ
リョージ

趣味は食べること。ポケやロコモコといったハワイアンフードも、もちろん好物。おいしいものをお腹いっぱい食べられれば、そこそこ幸せ。ハワイや東京都内を中心にコスパのよいオススメの店があれば教えてください。

関連記事